生活環境と言えば、光化学スモッグ等の大気汚染や、食品の安全性等、消費者の意識も様々な点に目を向けられる様になりました。

 その背景には、年々増え続ける花粉症などのアレルギー疾患やテクノストレス(パソコンなどのOA機器などの普及によるストレス)など、現代人はとても疲れています。

 東京都の発表によると、東京都民の約50%の方に何らかのアレルギー疾患があるとの事で、東京都主催によるアレルギーシンポジウムが開催されるほどでした。

 文部科学省の調べによると、東京都に限らず全国の約3人に1人が何らかのアレルギー疾患であるとしています(厚生労働省 リウマチ・アレルギー対策委員会報告書 P17に掲載)。

 シックハウス問題などの環境アレルギーなども他人事ではなくなりました。現代社会を生きている私たちには様々なストレスが避けられないのが現実のようです。


 そんな現代だからこそ、せめて、暮らしは健康的でありたい…。そんな人たちが増えています。オーガニックの食材に関心が高まったり、家庭料理にひと工夫して、安全な食を求める人たちが増えています。

 『せめて我が家はオアシスでありたい…。』

 現代に生きる人々が求める「ここちよさ」を『オアシス』と私たちは呼んでいます。
 それを住まいとして形としたものを『オアシス住宅』と名付けました。

JN建築設計は (←クリック!)に参加しています。
 オアシスプロジェクトとは、NPO『VOICE.Labo』の「心とからだの健康と安全を最優先に考え、安全性が証明されていないものは極力使用を避けて健康被害を未然に防ぐ『予防原則』の考え方に基づいた住まいづくりの提案をしていく」というプロジェクトです。